2008.11.22 〜石尾根縦走(その1)〜
奥多摩駅から石尾根を通り雲取山へ往復した。
コースタイム15:00のスーパートレイルで、相変わらずバカな登山

その2へ飛ぶ

雲取山の展望へ

ルートマップ
標高差:1680m
累積標高差:2217m
平面距離(全行程):36.9km
駐車場・登山口:東京都奥多摩町鳩ノ巣駅の駐車場(無料)に駐車し、電車で奥多摩駅へ移動
コースタイム:奥多摩駅-(6:50)-七ッ石山-(1:45)-雲取山-(1:15)-七ッ石山-(5:10)-奥多摩駅
コースタイム(合計):15:00(往き8:35、帰り6:25)
登山時間:奥多摩駅-雲取山-奥多摩駅。8:20(往き4:04、山頂0:31、帰り3:45)、単独行

登山行程
0604奥多摩駅-1008/1039雲取山-1424奥多摩駅

石尾根鳥瞰図
なぜこの山?
ここ最近は体調を崩したこともあり、運動不足である。ここでスーパートレイルでもやって、運動不足解消を図りたい。スーパートレイルをするのは、やっぱりアルプスみたいな山でやりたいが、完全に雪山なので不可能。そこで、近場でできる場所を検討する。

そこで考えたのは甲斐駒ヶ岳黒戸尾根日帰り往復に続くバカ尾根シリーズ第二弾「雲取山石尾根日帰り往復」。雲取山は2007年の12月に後山林道経由で登ったことがある。今回はそんな「横入り登山」(登山に「横入り」はないが・・・)ではなく、正々堂々と奥多摩駅より石尾根を完全縦走をし、雲取山にたどり着き、同じ道を奥多摩駅に帰るという計画。

コースタイムは15:00!。日の短いこの時期には難しい山行である。さらに、いままでの経験上、低山のコースタイムはアルプスの二割減に相当することがわかっている。アルプスに当てはめると約18:00ぐらいになる。

なんてことのないハイキングコースであるが、凄まじい登山になることが予想される。ハセツネカップ程ではないが、「一人プチハセツネ」といったところですかね。

登山口までの移動・登山記録
朝の4:41埼玉自宅を出発し、青梅街道を西へ向かう。

5:40頃、青梅線の鳩ノ巣駅近くの無料駐車場に到着。

ここから電車に乗り、奥多摩駅へ向かう。
鳩ノ巣駅の到着。

ここから二駅だけ乗る。
電車がきましたが、ドアが開きません。

ボタンを押して開きます。
6時ちょうどに奥多摩駅に到着。

下車する人のほとんどが登山客。
奥多摩駅の外に出る。そろそろ空が明るくなってきました。

ここは標高約340m。めざす雲取山は標高2017.1mで、途中で上り下りを繰り返し累積標高差は2200m以上。こんな所から日帰りで雲取山をめざす人はまずいないでしょう。
やっぱり、うりう以外の登山客は全員バスに乗る。

北へ向かう東日原行きと、西へ向かう鴨沢西行きの二台はすぐ出発。

雲取山へ行くには西鴨沢行きのバスに乗り、鴨沢で降りるのが一般的なルート。(後ほど、雲取山から下山中にそのバスに乗った中高年集団とすれ違う)
写真を撮ってもらう。うりうの基本姿勢はアルプスも低山も服装・荷物は同じである。

今回の失敗した点は、アイゼン、余計な上着、余計な行動食も持ってきてしまったこと。わずかな重量の増加でもロングトレイルでは、ボディーブローのように効いてくる。
6:04(奥多摩駅より0:00)、雲取山へ向けて出発する。

雲取山まで石尾根経由で18.5km、コースタイム8:35であるが、4時間での到着をめざす。

仮に6時間もかかっていたら、帰りは日が暮れてしまいます。
駅からすぐに渡る橋(氷川大橋)から見た石尾根方面。

いつもそうであるが、手前の集落を抜ける時に大きくタイムロスをする。
やっぱり集落で迷う。

山と高原地図に詳細図があるが、
実際に行くとよくわからない。
なんとか集落を抜け、上りの道路を歩く。

まだまだエンジンはかからない。
6:14(0:10)、ここから登山道に入る。

右下の標識があるので大丈夫。
ご覧の神社が現れるが、いったん通り過ぎてしまった。

通り過ぎると道路に出てしまったので違うと思い、引き返す。

また神社に戻り、神社の裏手に登山道を発見。
登山道を歩くと、また道路に出る。

そして少し登山道を歩き、また道路へ。
道路は結構歩く。本当にこの道で良いのか不安になる。

山岳パトロールの車が後ろから来たので、聞こうと思ったが、素通りされる。
6:33(0:29)、再び登山道に入る。

ここまでで凄まじいタイムロスをしてしまった。
写真は緩やかに見えるが、急登である。

そろそろエンジンがかかりはじめる。
6:39(0:35)、社が現れる。

山と高原地図によると、稲荷神社だと思う。
6:42(0:38)、ご覧の分岐。

右を進む。
分岐から数分進むと比較的登りは緩やかになる。

ハイキング気分で歩ける。(でも結構速いですよ)
やがて林間から三ノ木戸(さぬきど)山が見えてくる。

右を巻くように登山道がのびている。
三ノ木戸山付近ではヘリコプターがうろうろ飛んでいた。

何かあったのでしょうか?
やがて南方面の視界が林間から見えるようになる。
南には御前山が見えていた。

先に進みましょう。
開放感のある感じになってきました。

登りもほとんどありません。
7:21(1:17)、三ノ木戸林道への分岐に到着。

コースタイムは2:10。

迷ったこともあるが、低山のコースタイムはかなり渋めだ。
やがて急登が始まる。

写真に写っている男性二人組を抜かそうとすると「すげ〜速い、どこへ行くのですか?」と聞かれたので「雲取山です」と答える。「もしかして日帰り?」「そうです」と答えると、驚かれていた。

やっぱりめずらしいのですね。でも、若い人であれば全然可能だと思います。
急登は続く。この頃はエンジン全開である。

しかし走ってはいません、早歩きです。
あの特徴的な山容は大岳山だと思う。
7:41(1:37)、六ッ石山分岐に到着(標高約1450m)。コースタイムは3:10。

この登りの区間をコースタイム1:00の所を0:20の1/3で登ってこれた。(しかし、このペースは保てないでしょう)

左の登りへ行くと六ッ石山の山頂経由の奥多摩湖の近くの水根に下山する。
六ッ石山分岐からは緩い下り。

せっかく稼いだ標高を使ってしまう。
コル(標高約1370m)を通過。

ここからは登り。
コルからは普通の登り。

晩秋〜初冬の風景ですね。
7:54(1:50)、右は城山〜水根山〜鷹ノ巣山と本当の尾根を通る登山道であるが、登り下りが激しい。

今回はロングトレイルなので、楽な比較的等高線に沿った縦走路を歩く。
登山道は落ち葉が多い。

登りは落ち葉で滑ったりして、登りにくい。
あの山はなんだろう?

水根山?、鷹ノ巣山?
8:08(2:04)、ご覧の標識は右方向の登りへ。

ここからは急登が始まる。
すると、急激にエネルギー切れを感じるようになる。

今までは、これを無視して登っていたが、
今回は秘密兵器を用意した。
これが秘密兵器「カロリーメイトゼリー」だ。
(他にウイダーインゼリーも用意)

これを飲むと、本当にエネルギーが復活してくる。
8:19(2:15)、水根山分岐に到着。コースタイムは4:30。

ここは以前鷹ノ巣山に登った時に通過している。
このやぶを通過したのも覚えている。
鷹ノ巣山へは右だが、今回は縦走なので、直進する。
やがて視界が広がってくる。写真は西方面。

遠くには南アルプス。
南西方面は富士山が見える。

本日は本当に見晴らしがよい。
やがて頭がはげた山が見えてくる。

日陰名栗峰かな?
やがて鷹ノ巣山方面からの登山道と合流。
8:38(2:34)、鷹ノ巣山避難小屋に到着。

ここで男性と合うが、下山中の奥多摩小屋付近ですれ違う。
避難小屋の隣にはトイレ。

ここで用をたす。
8:40(2:36)、巳ノ戸ノ大クビレ(と思う)を通過。
コースタイムは5:10。

ほぼコースタイムの半分ぐらいのペースで走行。
(低山のコースタイムはやっぱり渋い)

写真ではわかりにくいが、左の巻き道を走行する。

まだまだ雲取山までコースタイムで3:25の行程であり、同じ道を帰らなければならない。

気が遠くなるようなロングトレイルである。続きはその2へ。

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

その2へ飛ぶ

雲取山の展望へ

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック
inserted by FC2 system