2008.3.8 〜美ヶ原(2034m)〜

美ヶ原から見える山々はこちら

ルートマップ

登山口: 山本小屋(美ヶ原高原ホテル)
駐車場: 山本小屋前の駐車スペース(無料)
登山時間: 山本小屋-王ヶ鼻-山本小屋。2:50、単独行
登山行程
0215埼玉自宅-0508/0610山本小屋-0630美しの塔-0704王ヶ頭-0746/0805王ヶ鼻-0900山本小屋



なぜこの山?
当日の午後に松本で会合がある。いままでの経験で朝早く登山を開始すれば、午後に予定を入れられるので、登山を考えた。本当は常念岳に登りたかったが、まだ完全な冬山であり、登山口もかなり遠いので断念した。代わりに美ヶ原は踏破できそうなのでここにした。

当初は妻には内緒で登ろうと思ったが、午後の会合で、深夜2時に出発するといったら、「どうせ登山でもするのでしょう、白状しなさい」と言われ、素直に白状した。それでも一応OKをもらった。

今回は「雪中行軍」を覚悟し、美ヶ原をラッセルしながら踏破するという壮大な?プランを練った。ネットを見ると「スノーシュー(かんじき)」で歩くようなツアーがあるようだが、そんなものを使っては男がすたる・・・というよりは買ったり借りるのがめんどくさいので、普通の登山靴にスパッツで望んだ。



登山口までの移動・登山記録
夜2:15埼玉自宅出発。深夜割引で佐久ICを下り、山本小屋目指して走るが、美ヶ原直前で積雪のため、車が登らなくなる。超久しぶりのチェーンをつける。

ご覧の通り、なんとかつけられた。

夜明け前の5時過ぎに山本小屋前の駐車スペースに到着。夜が明けたら出発とする。
夜が明けてきた。

ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンドどっかの山。
出発・・・したが、こっち方面は行き止まり。

美ヶ原は写真の山本小屋の裏手。
美ヶ原は一面の銀世界。

写真奥の鉄塔は、最高峰「王ヶ頭」。
こちらは歩く方向。

柵は雪に埋まり、なにか建物?が見えている。
建物は「美しの塔」。

中に入れるようである。
当初は、膝上レベルの雪中行軍を覚悟したが、意外にも雪がしまっている。

膝上までもぐることもあるが、原則10cmほどしかもぐらない。スノーシューがなくても大丈夫。

(写真は帰りに撮影)
写真中央は「案内図」で、そこを右方向へ。まっすぐ行くと下界へいってしまう。

ここでスノーモービルとすれ違い、道を聞こうとするが、猛スピードで素通り。
とにかく一面の雪の平原を歩き続ける。

登山靴は防寒性が悪いのか、足先が冷たくて「凍傷」も脳裏をかすめる・・・
さらに進む。

後ろを振り返ると、ものすごい逆光+雪の反射で何も見えない。
王ヶ頭?に到着。

左に見えるのが「王ヶ頭ホテル」。冬季も営業中。
振り返ると美ヶ原を一望。
左に目を移す。
王ヶ頭ホテルの横に「王ヶ頭100m」という案内があり、ホテルの裏手に回る。

最初はこれが王ヶ頭かと思い、バシャバシャ写真を撮る。しかし怪しい。
「石?」が見えているのでいってみる。
これが本当の王ヶ頭。

だまされた。
王ヶ鼻へ向かう。

ここで少し迷う。足の冷えも、このころにはよくなった。
足跡をみると、全てスノーシュー。

登山靴であるいているのは、うりうだけか?
これはどっち?右は本来の道のようで、左は足跡の数が多い。

多数決?で左へ。
あらら、林の中へ。

スノーシューのツアーはわざと、林の中を歩いているようだ。
林を抜ける。
王ヶ鼻に到着。
王ヶ鼻は切り立った崖。
王ヶ鼻から王ヶ頭・美ヶ原方面。

切り立った崖の上の台地であることがわかる。
王ヶ鼻から松本方面。

本来の目的地。



王ヶ鼻から山本小屋へ岐路につく。



途中の王ヶ頭ホテルで初めて人と遭遇。

スノーシューのツアーのようだ。
記念写真。

こんな格好です。
山本小屋へ帰ります。
山本小屋に到着。

ここから松本へ向かう。
ここではスノーモービルのツアーがあるのかな?

何台もスノーモービルがでてきた。



夏季であれば直接松本へ向かう道があるが、冬季は旧和田村へいったん下り、三才山トンネル経由で向かわなければならない。(大回り)



途中の雪道でスリップ・・・とっさに逆ハンドル!(数回)、でうまくかわせた。むちゃくちゃあせったが、大学時代の雪道経験が生きた。



松本から見た、王ヶ鼻。

今回登山で学んだこと
・美ヶ原は本当に美しい
・安い靴は「凍傷」の危険あり?
・ノーマルタイヤ+FFの車は雪道ではやっぱり危険

美ヶ原から見える山々はこちら

今回の遠征
3/8美ヶ原- 3/9蓼科山
inserted by FC2 system