2009.9.13 〜赤城山(1827.6m)〜
母校山岳部の企画に家族で同乗、息子も相変わらずしょいこに同乗

ルートマップ
標高差:468m
累積標高差:630m
平面距離(全行程):4.7km
登山口:赤城山ビジターセンター
駐車場:赤城山ビジターセンター駐車場(無料)
標準コースタイム:駐車場-(2:10)-黒檜山-(1:40)-駐車場
標準コースタイム(合計):3:50
登山時間:駐車場-駐車場。3:46、家族等と

登山行程
0835駐車場-0933駒ヶ岳-1020/1058黒檜山-1134駒ヶ岳-1221駐車場

なぜこの山?
前日(9/12)の夕方には飲み会があるので、当日(9/13)は近場しか行けないと思い、1ヶ月程前に山岳部コーチのI先生に「沢へ行きませんか」とお誘いメールを入れる。とりあえず、9/13に沢登りの約束を取り付けるが、だんだん秋も深まり、沢登りという気分でなくなった。そこで「沢に限らず山でもいいですよ」というメールを入れたところ、学生が赤城山へ行くので同乗してはどうか?、という話になった。

アルプス系や岩登り系などの「激しい系登山」は最近行ったので、現在のところ「禁断症状」はないので、緩やかなハイキングでもいいかと、同乗することとした。

次のメールで「家族同伴もOK」という話なので、今回は家族同伴で赤城山へいくこととした。なので、息子を背負うという、ある意味「激しい系登山」になった。

<過去の赤城山の山行>
一回目(2007.11.17):義父と登る。



登山口までの移動・登山記録
所沢IC-前橋ICと関越道へ乗り、赤城山へ向かう途中の「赤城大鳥居」。
赤城山ビジターセンターの駐車場へやって来たが、一台だけ早くついたので、ちょっと赤城神社を見に行くとする。

啄木鳥橋を渡る。
赤城山最高峰、黒檜山も晴れていそうな感じ。

前回は登山中だけガス。
で、神社を見るのがめんどくさくなったので、啄木鳥橋で引き返し、ビジターセンターへもどることとする。
(では、なんでここまで来たのだ?)

写真は赤城神社。
さて、学生、I先生家族、Mr.W(WはWandervogelのW)、がそろいました。

今回の山行は「俊足組」と「遅い組」に分かれていくことに。当然、うりう家族は「遅い組」です。

2008.10.18の苗場山で、うんちくがさえわたっていたMr.Wは、当然俊足組で行くそうだ。
ここにも「うんちく男」がいたぞ。

この虫捕り網は、このように伸びるそうだ。
8:35(ビジターセンター出発から0:00)、赤城山ビジターセンターを出発。

左にビジターセンターがあるので、一回別の方向へ行き、引き返す。
写真を撮る人を撮る。
8:44(0:09)、駒ヶ岳登山口を通過。

ここまでは、「俊足組」と「遅い組」は同じ行動。
遅い組の先頭はI先生。

写真には写っていないが、Mr.Wがなぜか「遅い組」にいる。
(どうした!、ここは君がいるところではない、走るんだ!)
はい、うりう家族は、置いてけぼりをくらう。

「遅い組」といえども、妻にとっては最速レベルでした。
9:06(0:31)、最初は息子の手を持って登っていたが、ラチがあかないので、背負うこととする。

これで、なんとか追いつけるか?
9:19(0:44)、稜線に出たところで、遅い組は待っていました。大変お待たせしました。

あっ、Mr.Wが休んでいる。日本百名山ならぬ、日本百国道(現在は国道1号線から103号線までで制覇)を成し遂げた男は、赤城山レベルでは足りないのであろう。
稜線に出ると、秋を感じさせる良い景色。
しばらくすると、正面に黒檜山、右に駒ヶ岳が見えてくる。
9:33(0:58)、駒ヶ岳に到着し、少々休憩。
標準コースタイムは1:15。

俊足組は、駒ヶ岳で待っていたようで、うりうたちが来るとすぐ行ってしまった。
ここは、鞍部の大タルミ付近。
さて、最後の200mぐらいの黒檜山への登り。
I先生がコガネムシ?を捕まえる。

とりあえず、一匹ゲット。
黒檜山へ登る途中でも一回休憩。

さすが、Mr.Wは本気を出したのか?、いなくなってしまった。走って俊足組を追い抜いたのか?、それとも迷ってしまったのか?

迷っておれば、Mr.WのWはwandaringのW。
10:17(1:42)、御黒檜大神を通過。
10:20(1:45)、赤城山ビジターセンターから1時間45分で黒檜山に到着。
標準コースタイムは2:10。

やりました、息子は、ほとんど歩かず日本百名山を11座目制覇です。(どんな大尽よりもすごい)
さて、景色ですが、東方面しか見えません。

後で知ったのですが、北へ少し歩くと景色が良いところがあるそうです。
(行けばよかった)
適当に休憩。

ところで、H君にスープをいただきました。(どうもありがとう)
こんなところに「サッポロポテトバーベキュー味」
を配っている男がいるぞ。
お返しに、柿、巻き寿司、お菓子などなど、すごい量。

まさに「エビで鯛を釣る」という感じ。



10:58(2:23)、黒檜山を出発する。

黒檜山北登山口へ下りる道で学生たちは下山するが、帰りも息子をしょいこに背負うので、うりう家族だけ、ゆるやかな来た道を戻ることとする。



小沼と地蔵岳。
眼下には大沼。
11:34(2:59)、駒ヶ岳を通過。
途中でトレラン男に抜かされる。

抜き返す?・・・無理無理。
12:13(3:38)、駒ヶ岳登山口を通過。

あとは道路を歩くだけ。
12:21(3:46)、全行程3時間46分でビジターセンターへ到着する。学生たちの方が速いかと思ったが、我々が先に着いた。

息子は・・・寝ている。(いい御身分で)
ちなみにビジターセンターの中はこんな感じ。



さて、後半戦は少し車で下った「赤城ふれあいの森」でバーベキュー。

最初は場所が分からずさまよう。
I先生の娘さんですが、虫が大好き。

この大きな蛾をかわいがっていました。
そろそろ火もついたかな?

必ず「鍋奉行」ならぬ「火起こし奉行」みたいな人がいるのだが・・・
あっ、いましたね。
(誰かは前の写真で判断して下さい)

こんな秘密兵器を持っているなんて、さすがのMr.Wも知らないであろう。
焼けてますな。

ところでMr.Wは「食い専門」。(うりうも)
コラ!、未成年者がビールを飲んでいいのか?

これは「アルコールゼロビール」でした。
山岳部総料理長のH君。

「これ、ソバメシ?」と聞いたところ、違うそうで、カレーピラフができました。
息子は、I先生の娘さんと一緒に虫捕り。

たくさんの蝶が捕れました。

今回登山で学んだこと
・山以外のアウトドアも最高。

ツッコミコメントなど大歓迎です。こちらまで

左にメニューが表示されない場合は こちらをクリック
inserted by FC2 system